サンキュー!大健 ハウスクリーニングからビルメンテナンスまで…大健にすべておまかせ!
TOPページ ・ 大健について ・ お問い合わせ ・ サイトマップ
 TOP>社長からのメッセージ
大健ってどんな会社?
  会社概要
  ごあいさつ
  大健の歴史
  社長からのメッセージ

どんな事が頼めるの?
  清掃部門
  警備部門
  環境衛生管理部門
  設備部門
  その他のサービス

プロが教えるお掃除のコツ!

知っててトクする情報!

パートさん募集! 詳しくはこちら

お問い合わせ
  お問い合わせフォーム
  プライバシーポリシー

営業エリア
  ハウスクリーニング
    姫路市・加古川市・
    高砂市・加西市・
    三木市・小野市・
    西脇市・明石市・
    相生市・たつの市・
    赤穂市・神崎郡・
    揖保郡 ほか
  ビルメンテナンス
    兵庫県・大阪府 他


大健ご案内マップ



姫路市南駅前町64番地
 TEL:079-284-1161
 FAX:079-284-2667
 E-mail:info@39daiken.jp
 QRコード:
 下の画像を携帯で撮影
 すると、簡単に携帯登録
 が出来ます。


播磨ネット


ここでは毎月社員全員に配布される、社長からのメッセージをご紹介いたします。


■2013年12月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 平成25年も残り僅かとなってきました。このメッセージが届く頃には、毎年恒例の今年の漢字が発表されていることと思います。ある予想では「倍」という字が1位に押されていました。どんな漢字が選ばれるのか楽しみにしています。


 先日の忘年会で、ある社員さんから「社長のメッセージを毎月読んでいますよ。なかなか良い文章です。天声人語の次かな。」という嬉しい言葉をいただきました。
自分で言うのもなんですが、毎月のメッセージを考えることは、結構たいへんなことなのです。また、どれだけの社員さんが真剣に読んでくれているのかをいつも考えてしまいます。各作業所の方々と直接お話しすることが困難ですので、このメッセージの中に会社の理念や私の考えを入れています。そのことが社員の皆さんに伝わればと思っています。


 忘年会に参加できなかった方もいらっしゃるので、その時にお話したことを少し書かせていただきます。
昨年末の政権交代以降、数字の上では株価の上昇、円安とデフレ脱却が進んでいるように見えますが、実体経済はまだまだ厳しい状況が続いており、我々中小企業に好況感はありません。そんな中で、いかにして激しい競争に勝っていけるのか。世間を賑わしている偽装表示のようなズルや卑怯な手を使うのは論外、作業の効率化も限界があります。ではどうすれば…。
皆さんが各作業所で簡単に実践できることがあります。それは、お客様に対する笑顔と良いマナーの実践です。皆さんが買い物をする立場になった時、わざわざ愛想の悪い店員さんのいるお店には行かないでしょう。少し高くてもサービスが良く、気持ち良く買い物のできるお店を選ぶこともあるでしょう。
どうか皆さんも「素敵な笑顔と善良なマナーの実践」をお願いします。
いつもお話しているように皆さんは我社の広告塔ですので、皆さんのお客様への対応で他社と差をつけることができるのです。
 公私共に気忙しくなってきますが、無事故・無災害そして無病での越年をよろしくお願いします。


 最後に、今年の流行語を交えて。
 来年は何年?「午でしょ!!」
 平成26年が皆さんにとって、「じぇじぇじぇ!?」と驚くような、
 今年は運が無かったと思う方は、「倍返しだ!!」となるような素晴らしい年になることを心よりお祈りいたします。そして、大河ドラマは黒田官兵衛ですので、播州人として、姫路市民として「お・も・て・な・し」の心を持って過ごしていきましょう。
 一年間、ご理解とご協力をありがとうございました。


                                            笑顔と感謝


※忘年会でお願いをした共同募金は、皆さんのご協力のおかげで 14,706円
  集まりました。


■2013年11月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 立冬を過ぎ、肌寒く感じる季節になりました。秋を感じる間もなく、冬に向かって移ろいでいるようです。急な温度変化に注意をして健康管理に努めてください。
 Aホテルチェーンに端を発した食品偽装問題。大方の予想通り、次から次へと同じような事が新聞紙上を賑わしています。姫路のBホテルがフカヒレと表示してはるさめ等を使用していたという記事を見ました。私たちもどこかでメニューとは異なった食材の料理を口にしているかもしれません。
 私が所属させていただいているある団体のメンバーの心得として、「利益を追求するのは経営者としてあたりまえの事だが、その儲け方が大事である」という意味のことを言われます。
私は常に、商道に反して利益を出したいとは思っていません。その考えは、社員の皆さんにも共有していただきたいと思っています。人間は誰しもミスを犯しますが、確信犯か否かが問われるのです。
 我社においては、お客様と締結している契約の仕様に基づいて、毎日、毎月、毎年の作業を実施します。仕様を完璧にこなすために時間をいくら掛けても良いということではなく、決められた時間の中で実施しなければなりません。そして、そのために作業性を向上させる工夫や皆さん各々が技能を向上させる努力をすることが大切だと考えます。そうすることで得られたものが本当の利益だと思います。
 日本古来の武士道を見習い、ズルや卑怯ということを恥じ、正々堂々と誠実に勤めていただくことをお願いいたします。
 宇宙飛行士の若田光一さんが今回のミッションで、日本人として初めて宇宙ステーションの船長を務められるとのことです。欧米人特有の強烈なリーダーシップを全面に出すのではなく、協調性を大切にされるリーダーのようです。チーム若田のエンブレムには
「和」の文字がデザインされているとのことです。我社の社訓にもなっている「和」の精神で、ミッションを成功されることを願っています。
 既にご案内が行っていることと思いますが、12月4日、5日は我社の忘年会です。
皆さんにお会いできることを楽しみにしていますので、奮ってご参加ください。


                                            笑顔と感謝




■2013年10月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 10月に入っても日中は暑い日が続いています。播磨地方もお祭りウィークに突入しました。各々お住まいになっている地域でのお祭りを楽しまれることと思いますが、朝晩との寒暖の差が大きい時期ですので、体調管理には十分気をつけてください。
 プロ野球のペナントレースが終了しました。今年は楽天の田中将大投手が開幕から24連勝無敗、ヤクルトのバレンティン選手が年間60本のホームラン、というとてつもない記録が達成されたシーズンでした。しかしながらこの時期、このようにスポットライトを浴びた選手がいる反面、来季の戦力外通告を受けた選手の名前が新聞等に掲載されています。過去にスポットライトを浴びた選手も多いですが、今後野球界を含めて就職活動をしなければならない厳しい秋を迎えられます。各選手のこれからの幸せを祈るばかりです。
 今年のノーベル賞が発表されています。毎年のように文学賞の有力者として村上春樹氏の名前が挙がっています。このメッセージが届く頃には発表されていることと思いますが、結果はどうだったのでしょう。今年、私は村上氏の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」という作品を読みました。その中の「記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても それがもたらした歴史を消すことはできない」、「正しい言葉はなぜかいつも遅れてあとからやってくる」という一節が印象に残っています。秋の夜長、読書に耽ってみるのもいかがでしょう。


                                            笑顔と感謝




■2013年9月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 記録的猛暑だった今夏から一転、急に涼しくなったり、豪雨に見舞われたりと、幼少期のように季節の移ろいを感じることがなくなっているように思います。夏の疲れは、これからの季節に出てきますので、体調管理には十分気をつけてください。
 先日、2020年のオリンピック・パラリンピックの東京招致が決定しました。当日の未明から早朝にかけて行われた各国のプレゼンテーションを見られた方もいらっしゃると思います。それぞれに特徴のある素晴らしいプレゼンテーションを行われたと思いますが、開催国の決定に大きく影響したのは、IOC委員へのロビー活動(根回し活動?)と言われています。2016年の開催招致の失敗を教訓に、同じ過ちを繰り返さなかったことが良かったのだと思います。
 私は、前回の東京オリンピックの前年に生まれましたので、当時の記憶は全くありません。7年後には、現地に行き目に焼き付けたいという思いが湧いて来ました。
 プレゼンテーションで話題になっている「お・も・て・な・し」の心は、私たちサービス産業に従事している者は絶えず持っていなくてはならないものだと思います。どうぞその気持ちを忘れずに毎日のお仕事に従事してください。よろしくお願い致します。


                                            笑顔と感謝




■2013年8月度のメッセージ


            残暑お見舞い申し上げます


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
厳しい暑さが続いていますが、体調を崩されていませんか。仕事中でも、家庭でも、体調の異常を感じた時は、無理をせずに十分な水分補給をし、涼しい所で休むようにしてください。また、そのような人を見かけた時には、早急にオーナー様などに連絡をしてください。
 先日、地震速報で誤報がありました。地震計のノイズを間違って認識してしまったのが原因だったようです。僅かな揺れも感じることがなかったので、どうなっているのかなと思われた方も多かったと思います。しかし、新幹線をはじめ関西圏の鉄道への影響は大きく、自動的に送電が止まったために各線に遅れが出ていました。また、知人の話では、乗客の携帯電話等が一斉に鳴り出し、一時は異様な雰囲気だったようです。幸いに誤報でしたが、このようなことが続くと、イソップ童話の「狼少年」ではないですが、備える心にスキができてしまうことが心配されます。
 高校野球も、今回は揺れを感じなかったので試合を続行しましたが、次回からは誤報であったとしても、試合を中断し、選手、観客の安全確保を第一に行うということが決定されました。
 私たちも「またか」と油断せず、「常に備えよ」の精神で対応しましょう。


                                            笑顔と感謝


※8月19日(月)13時00分〜社内の安全大会を開催しますので、ふるってご参加くだ
  さい。詳細は、事業本部までお問い合わせください。




■2013年7月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 関西では7月8日に、昨年より8日、平年より13日早く梅雨明けが発表されました。既に各地で真夏日を記録し、猛暑の夏を予感させます。これからの季節は、作業現場でも、家庭でも、熱中症や食中毒に十分注意をしてください。特に熱中症は、気温の高い低いに関係なく、体内に熱がこもらないようにすることが大切です。朝晩は少し涼しいからといって、油断しないようにしてください。電気代の値上げや節電要請で、エアコンの使用を控えてしまいがちですが、我慢をせずに体調を考慮して使用することが大切です。また、血管の太い箇所、例えば首筋、わきの下、太ももの付け根等を冷やすことで、冷やされた血液を体内にめぐらせることも効果があるようですので、熱っぽく感じた時は、そういった処置も大切です。また、バランスの良い食事、十分な睡眠を取り、暑さに負けない体力を維持することも重要です。健康管理は自己の義務、暑い夏をのりきっていきましょう。
 7月21日(日)には、参議院議員選挙と兵庫県知事選挙が同時に行われます。これからの日本、兵庫県の方向性を決める大切な選挙ですので、国民の権利として、投票には必ず行ってください。


                                            笑顔と感謝




■2013年6月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 先日、顧問会計士さんから平成24年度の決算書を受け取りました。両手を上げて喜べる内容ではありませんでしたが、黒字で終えることができました。ありがとうございました。来年4月からは、消費税率が8%になりますので、一年先を見据えた対応を考えていかなければならないと感じています。社員の皆さんには、作業の合理化、経費削減等、厳しいお願いをしなくてはなりませんが、ご理解とご協力をお願いします。
 例年より早い梅雨入りでしたが、なかなか雨に恵まれません。幼い頃はしとしとと長雨の季節でしたが、現在は、短時間に、局地的に降るゲリラ豪雨が多くなっているように思います。携帯電話等でタイムリーな情報をいち早くキャッチし、備えて行くことも必要でしょう。各作業所でのお仕事中はもちろんのこと、通勤中にも天候の変化に十分注意をしてください。特に自転車で通勤されている方は、雨合羽を使用するように心がけてください。
 私は、お客様、同僚に対する真摯な対応が、必ず我社を変えると信じています。毎日の作業はもちろんのこと、「おもてなしの心」をもってお仕事に取り組んでください。最近流行の言葉ではないですが、良い意味で「じぇじぇじぇ!、大健変わったな」と言われるようになりましょう。


                                            笑顔と感謝




■2013年5月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 5月に入り、一年で最も過ごし易い季節のはずですが、全国では夏日を記録する都市もあれば、積雪を観測する都市もあり、今年は穏やかな季節ではないようです。
 ゴールデンウィークを前に神戸の「ウミエ」、大阪の「グランフロント大阪」が相次いで開業し、姫路でも4月30日に「ピオレ」がオープンしました。GW期間中は、どこも予想を上回る人出であったようです。私も少しだけピオレに足を運びましたが、久しぶりにワクワクするような熱気に包まれていました。オープンしたてということはありますが、なんとかこの熱気が継続することを願っています。そして、我社のお得意先様にもその波及効果があることを願っています。
 先日の朝礼で、「先ず事業本部から変わってください!!」というお話をしました。お得意先様、お取引先様、そして社員の皆さんに「変わったな」と感じてもらわなければ意味がありません。事業本部と同様に、皆さんも各作業所でお得意先様にそう感じていただけるように努力してください。
「大健、変わったね。良くなったね。」と感じていただけるように、言っていただけるように、全社あげて取り組んでまいりましょう。ご協力お願いします。


                                            笑顔と感謝


【平成25年5月1日 神戸新聞 正平調より】
 奈良県に「もてなしの心推進県民会議」というのがある。おもてなしの心を核に、観光客の誘致やまちづくりを進めようというものだ。大事なことは、相手の立場になって応対すること。心を尽くし、相手が喜べば自分にも喜びが返ってくる。おもてなしの心は、古都を生かした奈良の魅力づくりだけでなく、住民の結びつきにも欠かせないキーワードだという。 − (中略) −
「おもてなし」の「て」の字を抜くと「おもなし」になる。意味は、恥ずかしい、面目ない、厚かましい。一字違いで大違い。「てぬき」はいけない。




■2013年4月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 20年に一度の総社三ツ山大祭も終わり、播磨地方も春本番を迎える中、我社は第52期事業年度に入りました。アベノミクスの効果に疑心暗鬼のスタートですが、景気回復を実感できる年度であることを祈るばかりです。
 先日、長嶋茂雄、松井秀喜両氏に国民栄誉賞の授与が決まりました。両氏は、アンチ・ジャイアンツの私でも大好きな野球選手でありますし、野球ファンの枠を越えて国民に愛された人物であることが授与される大きな理由ではないでしょうか。発表当日の記者会見では、「もっと上位の成績を残した選手もいるのでは」等と無粋な質問をする記者たちもいましたが、両氏は、現役時代から他人の悪口を言わなかったり、好不調に関係なく誠実にインタビューに答えたりとその人柄もすばらしい方だと思います。国民栄誉賞を授与されるには、輝かしい記録とともに日本人として愛される人間でなければと考えます。
 我社もお客様に喜ばれ、記憶に残る会社でありたいと願っています。
 今年度も皆さんのご協力よろしくお願いします。


                                            笑顔と感謝




■2013年3月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 春の香りが感じられるようになり、平成24年事業年度(第51期)も残り僅かとなってきました。昨年末の政権交代以降、流行語にもなっているアベノミクスの影響からか株価は上昇し、円安が進み、デフレ脱却と景気回復への期待感が膨らんできていますが、残念ながら実体経済はまだまだともなっていません。国民や私たちのような中小企業が実感できるのは後どれくらい先になるのでしょうか。是非とも期待感だけで終わらせないようにしてもらいたいですね。
そのような中、この時期は、例年のごとく事業本部のメンバーは、来季の官公庁関係のお仕事を確保するために連日夜遅くまで頑張ってくれています。どこかで顔を見かけたら、労いの言葉を掛けてあげてください。
 3月11日、東日本大震災から丸2年が経ちました。さまざまな報道を目にしたり、耳にしたりしますが、明らかに阪神・淡路大震災後の復旧・復興より遅く感じられます。現政権が、良い意味で強引に景気回復への政策を推し進めているように、被災地の復旧・復興にも思い切ったやり方が必要なのではないでしょうか。一日も早く被災地の皆さんが、本当の笑顔を取り戻されることを願っています。
 現在、2013WBC(ワールド・ベースボール・クラッシック)が開催されています。日本は3月18日(日本時間)からの決勝ラウンド進出が決定しました。是非三連覇を達成し、被災地をはじめ、日本全国に元気を届けてほしいですね。
 年度末を迎えて、通勤災害、労働災害が立て続けに発生しました。今一度、気を引き締めて、事故や怪我なく新しい事業年度に入れるよう注意してください。
 来月は、良い決算報告ができることを期待しています。


                                            笑顔と感謝


※ 今年の永年勤続者表彰並びに物故者供養は、平成25年4月15日(月)です。




■2013年2月度のメッセージ


 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 節分、立春を過ぎ、暦の上では春の足音が聞こえてくる季節となってきましたが、まだまだ冷たい日が続いています。全国で猛威をふるっていたインフルエンザもピークを過ぎたといわれていますが、依然として注意が必要です。今月の明細に同封している「インフルエンザ、ノロウィルスへの対応」をよく読んで、お客様や同僚に迷惑をかけないよう適切な対応をお願いします。
 先日、積雪した日にバイクの転倒による通勤災害が発生してしまいました。当事者は、怪我の痛みとともに後悔されていることと思います。バイクや自転車で通勤されている方は、一年に何度もあることではありませんので、その日だけは公共の交通機関を利用する等、安全重視でお願いします。
 自由民主党の中に「ビルメンテナンス議員連盟」という組織があり、先般の衆議院議員選挙では多くの先生方が返り咲かれました。この度、会長を務めていただいている伊吹文明先生は衆議院議長に就かれ、事務局長は橋本聖子先生が務めてくださっています。オリンピックの選手強化にも携わっていらっしゃる橋本先生が、先日東京で行われた協会長会議の挨拶の中で次のように仰いました。
「伸びない選手は負けて反省するだけ。伸びる選手は負けて反省し、勝っても反省する。そして、勝ちの質を上げる努力をする。自民党もそうでなくてはならない。」
 この言葉は、どの世界にもいえることで、私たちもより質の高いお仕事を提供し続ける努力が必要です。そのためにも、「新しい発見」をしていきましょう。
 2月、3月は、公休出勤ゼロ運動月間です。皆さんのご理解とご協力をお願いします。


                                            笑顔と感謝




■2013年1月度のメッセージ


 社員の皆さん、新年あけましておめでとうございます。和やかに新年を迎えられたことと思います。
 お正月の間に少し体重が増えた方もいらっしゃるかもしれませんが、気持ちも新たにそれぞれの現場での作業をよろしくお願いします。
 昨年末の衆議院議員選挙で政権が交代し、その影響なのか株価も大納会では年初来の高値をつけ、今年の大発会でも続伸で始まり、経済復興に期待を抱かせる年明けとなりました。
しかしながら、期待感はあるもののまだまだ先行きは不透明で、私たちの実感が伴うには時間がかかりそうですが、希望を持って前に進んでいきましょう。
 今年は「癸巳」(みずのとみ)の年、字の意味からすると「何事も忍耐を持って慎重に心がけ先を見据えていきましょう」とありました。あまり強く出すぎず、短慮に気をつけて忍耐を養いましょう。
 今年も元旦に書写山円教寺で「新春夢の書」が催され、今年を願う漢字として「穏」
(オン)が選ばれました。この字は、おだやか、感情の起伏が表に出ないことを意味し、「東日本大震災の被災者が一日も早く復興に向かうように平穏を祈り、心穏やかに生活を送ってほしい」との願いがこもっています。皆さんにとっても、穏やかな年になることを祈っています。
 昨年末から全国で厳しい寒さが続いています。ノロウィルスも流行していますし、これからはインフルエンザの流行も考えられますので、手洗いとうがいを励行し、健康管理を怠らないようにしてください。また通勤中のスリップ事故や転倒事故にも十分注意をしてください。
 毎年のことながら元旦からお正月関係なく勤務してくださった社員の皆さんありがとうございました。



さて、我社の今年の目標(合言葉)は


          新 し い 発 見 !!


               −まず一歩踏み出そう−

                                              です。


 誰でも、経験のないことや知らないことに一歩踏み出すには、不安や恐怖がつきまといます。でも、これまでの人生の中で、例えば入学、入社、結婚、海外旅行、携帯電話、パソコンなどなど、数えきれない位に各人が自らの前の壁を一つ一つ乗り越えてきています。そして、その都度新しい発見があり、その経験が糧となってきています。
 幾つになっても前進することを止めないでください。慎重になり過ぎて、チャンスを逃さないでください。まず一歩踏み出して、新しい発見をしましょう。
 それぞれの作業所で、新しい作業方法や改善の提案ができ、お客様の満足につながれば言う事なしです。


 今年も皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。
 今年が皆さんにとって幸多き年である事を心よりお祈りいたします。


                              平成二十五年一月   笑顔と感謝




バックナンバーはこちらから


 2012年


 2011年


 2010年


 2009年


 2008年


 2007年


 2006年


 2005年



Copyright(C)2001-2017 株式会社 大健 All Right Reserved