社長からのメッセージ

ここでは毎月社員全員に配布される、社長からのメッセージをご紹介いたします

2024年2月度のメッセージNEW

 社員の皆さん、毎日のお仕事ご苦労様です。
 能登半島地震から一ヶ月半が経ちましたが、 未だに2万人以上の方々が避難生活を余儀なくされています。 インフラの復旧は特に水道が遅れていて、 生活衛生環境の悪化から感染症の広がりが懸念されています。 また、現地でのボランティア活動も、交通事情や宿泊施設の関係で思うように活動できていないようです。 そのような現状の中、我社は兵庫県が募集をしている「能登半島地震災害義援金」に義援金を拠出しました。 また、市庁舎に勤務してくださっている従業員の方々が、日本赤十字社に対して 「㈱大健姫路市役所作業所勤務従業員一同」として、義援金8,195円 をしてくださいました。今回は、兵庫県の募集している義援金のパンフレットを同封していますので、個人やグループでの義援金を考えられている方は参考にしてください。一日でも早い被災地の復興と被災された方々が震災以前の日常を取り戻されることをお祈りいたします。
 暦の上では節分・立春を過ぎ、 季節は春に向かって動き始めました。 と同時に、事業本部では新年度に向けての準備の時期です。 気持ちを引き締めていきます。
また、皆さんには健康診断のお知らせが届いていることと思います。 自身の体調管理にも努めてください。「凡事徹底」「無事故・無災害」引き続きよろしくお願いいたします。

笑顔と感謝

2024年1月度のメッセージ

新年あけましておめでとうございます

 社員の皆さん、新しい年を和やかに迎えられたことと思います。しかしながら、元日の夕刻には状況が一変。16時10分には最大震度7を観測する巨大地震が石川県能登地方で発生し、北陸地方及び新潟県に甚大な被害を及ぼしています。特に、石川県能登半島の各地では、未だ被害の全容が明らかになっておらず、日に日に死者・安否不明者の人数が増え続けている状況です。皆さんのご親族やお知り合いで被災された方がいらっしゃるかもしれません。これまでにお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りするとともに被災された方々が一日でも早く以前の日常を取り戻されることを願うばかりです。
 能登半島地震の詳細がわからぬまま迎えた翌2日の18時前、羽田空港で日本航空の旅客機と海上保安庁の航空機(海保機)が滑走路上で衝突、炎上するという考えられないような事故が発生し、連日で国内に衝撃が広がりました。旅客機の乗客・乗員379人は奇跡的に全員が機体から脱出し無事でしたが、海保機の乗組員は6人の内、1人は重傷、5人がお亡くなりになりました。事故の原因を徹底的に調査・究明することは大事ですが、「機長が…、管制官が…」というような個人を特定するのではなく、今後同じような事故が起こらないようにするためにはどのような対策を取っていけばよいのかを明らかにしてほしいです。
 また、翌3日には、北九州市の飲食店街で大きな火災が発生しました。心が痛む新年の幕開けとなりましたが、お正月休みに関係なく、業務に従事してくださった社員の皆さん、本当にありがとうございました。我社では、社員全員が揃ってお休みできることはまずないと思います。
何処かで頑張ってくださっている社員さんに感謝いたします。
 今年は、「甲辰」(きのえ・たつ)の年。
「甲」は十干の一番目、生命や物事の始まり、成長を意味しています。
「辰」は「振るう」という字が由来と言われ、自然万物が振動し、草木が成長して活力が旺盛になる状態を表しています。
この組み合わせから、「大きな出来事が起こると予想され、これまでの努力が実って夢が叶いやすい年」と言い換えられるといえそうです。 <ネット記事参照>

我社の今年の目標(合言葉)は

凡 事 徹 底

です。

 「ぼんじてってい」…特別なことではなく、ごく平凡なことを徹底してやり抜くという意味。
つまりは、物事を成し遂げるには、当たり前のことを当たり前にできるか、徹底してできるかにかかっているということです。昨年、18年ぶりのリーグ優勝、38年ぶりの日本一を達成した阪神タイガースの岡田監督は、監督就任当初から「普通に」ということを言われていました。
プロ野球選手として、普通のことをできるようになったことで頂点を極められたのだと思います。
私達は、お客様との契約書・仕様書で取り決められている業務を日々粛々と徹底してやり抜くこ とが最も大事なことです。徹底してやり抜くことで、一つ一つの作業のクオリティを高めていき、お客様に満足していただけるように頑張りましよう。
 今年も皆さんのご理解とご協力をよろしくお願いします。
 今年が皆さんにとって幸多き年である事を心よりお祈りいたします。

令和六年一月  笑顔と感謝

 書写山円教寺での「新春夢の書」で今年を願う漢字として「恕」が揮毫されました。
この文字には、「もっと寛容であるように努めましよう」という願いが込められています。
人にも、モノにも、自然にも優しく接することを心掛けたいものです。

バックナンバー

大健はおかげさまで60周年
知ってて得する情報
プロが教えるお掃除のコツ
スタッフ募集